LED製品(2)タイトル

Handy Blue Pro Plus & Twin LED Light

使い易さと性能で選ばれています。
Handy Blue Pro Plus(青色以外にもさまざまな波長のライトがあります)とTwin LED LightのLEDヘッドは共通です。

Handy Blue Pro Plusとゴーグル
Handy Blue Pro Plus セット
Handy Blue Pro Plus
Handy Blue Pro Plusは、動物室や温室など、どこでも手軽に使用できるペンタイプのLEDライトです。GFPの観察用として、またはSYBR Green染色ゲルの観察用として、広く使われています。付属のゴーグルとの組み合わせで、片手でも使え、 さらに、ミニ三脚やクリップスタンドを使用しますと、両手での作業も可能になります。
LEDライトは、青色や緑色の他に、UV365nm、UV395nmを含むさまざまな波長を選択できます。ゴーグルも多くの種類から、サンプルに合わせて選択できます。
Handy Blue Pro PlusとフレキシブルチューブHandy Blue Pro Plusには、オプションで、左の写真のようなステンレス製のフレキシブルチューブもご用意しております。

Handy Blue Pro Plusの実体顕微鏡での使用例延長ケーブル(オプション)で、左の写真のように実体顕微鏡で使用することもできます。対物レンズ用のフィルターもロングパスタイプとバンドパスタイプをご用意しております。

※ GFP以外にも、DsRed、Kusabira-Orange、tdTomato、mCherry、mPlum、TurboFP635など、お使いになるサンプルにより種々のライトをご用意していますので、お問い合わせ下さい。
※ YFP用ペンライトとゴーグルが新しく加わりました。お問い合わせ下さい。

Twin LED Light
Twin LED Light
Twin LED Light
Twin LED Lightは、左右両側からスポットで照射できる落射型のLEDイルミネーターです。超高輝度のLEDを使用し、実体顕微鏡での使用や、ゴーグルを使った肉眼での観察に適しています。
蛍光顕微鏡を低倍率で使う時の補助ライトとしても有効です。
ヘッド部分のみ交換することができ、一般的な青色や緑色の他、UV365nm、UV395nmを含むさまざまな波長を選択できます。波長については、お問い合わせ下さい。中には、425nmのように有機合成化学の分野で使用されているものもあります。

※暗順応実験動物手術用光源も取り扱っています。

Twin LED Lightと専用スタンド専用のスタンド(左の写真では白ですが、現在は黒に変更になっています)を使用しますと、実体顕微鏡と一緒に使用する場合に便利です。
専用スタンドは別売品です。
Twin LED Light セパレートタイプ
Twin LED Light セパレートタイプ
Twin LED Light セパレートタイプ
Twin LED Lightを暗ボックス内でお使いいただくために、セパレートタイプをご用意しています。赤い矢印部分が差し込み式になっているため取り外すことができます。 ライト部分を暗ボックス内に取り付け、コントローラー部分を暗ボックス外に設置して、外からライトのON・OFFや強度調節をすることができます。
ライトのグーズネックの長さは3種類(21cm、38cm、48cm)ありますので、目的や暗ボックスのサイズにより選択が可能です。

HOME ->>
※詳しい仕様については、お問い合わせ下さい。ー> お問い合わせメール
・・・・・・ 株式会社リライオン Tel:03-3280-0990 ・・・・・・

Copyright© RelyOn Ltd. 2019 all rights reserved.